[芸能] パク・ヨンハ、自身の出演映画のエンディング曲歌う




  パク・ヨンハが、映画『作戦』のエンディング曲“MONEY”を歌って、話題になっている。 一時、‘WHO’という名前で ドラマ『オールイン』の主題曲を歌って人気を集めたパク・ヨンハが、日本でなく韓国で歌を歌うのは久しぶりだ。   また“MONEY”は、チョPDがラップを歌ったことでも、関心が集中している。 映画音楽は初めてというチョPDは、作詞作業にも参加して、彼特有の素直で新世代的な歌詞を作り上げた。 また、作曲は ムン・ヨンジン音楽監督がつとめた。 映画主人公のカン・ヒョンス(パク・ヨンハ)の視点で作られた“MONEY”は、誰でも簡単に楽しむことができ、映画の軽快さも生かしたポップスタイルの歌。パク・ヨンハの柔らかな音色とチョPDのラップが対照をなして、完成度を高めている。   一方、パク・ヨンハはチョPDについて、「以前ラジオをやっていた時一度会った事はあるが、今回一緒に音楽をすることになるとは思わなかった」として、「“MONEY”は楽しい気分になるメロディと素直で共感の沸く易しい歌詞で、映画『作戦』ととても合っている曲」と、愛情を表わした。 チョPDは、「映画のシナリオを読んでみたら、僕の好きなジャンルの映画だった。 お金に対する人々の欲望を映した映画なので、より魅力的だった。パク・ヨンハと音楽作業ができるという点が、新鮮な経験になると思った」と明かした。   “MONEY”は、映画ホームページと公式ブログを通じて聞くことができ、来る2月2に日デジタルシングルとして発売される予定だ。 映画『作戦』は、来る2月12日に韓国の劇場で公開される。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2009年 01月 20日 23:32