[芸能] 「ビック4コンサート」4人4色の音色でクリスマスを飾る






ユンゴン、イ・スヨン、Brown Eyed Girls、そしてsg WANNA BE+ …
2008年、最も旺盛な活動を行った4チームが、クリスマスイブを華やかに染めた。

これら4チームは、去る24日夕方8時、ソウル・江南区三成洞コエックスの大西洋ホールで開かれた‘2008クリスマス ビッグ4コンサート’で、4人4色の個性溢れる音色とハーモニーを届けた。
‘四季’というコンセプトで開かれたコンサートのオープニングステージは、ユンゴンがつとめた。
ユンゴンは、ピアノの旋律に合わせて“もう一年”を歌って コンサートの幕開けを知らせ、“遮られた時間の中で”、“Stay”等を披露した。
また ユンゴンは、ステージでスプレーをまきながら 「今日雪が降らなかったので、僕が雪を準備した」と話して目を引き、ジョンインと共に“弘大の前に雪が降れば”を歌った。

ユンゴンに続き 二番手イ・スヨンは、赤いドレスを着て登場、“I believe”、“ラララ”、“こういう女”など、自身のヒット曲を続けて歌って、「私の歌のほとんどは悲しい曲だけど、私の歌を通して悲しみを取り除けたらと思う」と語った。

三番手Brown Eyed Girlsは、“LOVE”、“どうして”、“My Style”など、今年ヒットした歌を届けた。
彼女たちは この席で、「‘ビッグ4コンサート’の舞台に必ず立ちたかったのだが、今年その夢を叶えられた。歌謡授賞式で賞をもらうなど、今年は本当に忘れられない年」と、所感を明かした。

公演のアンカーは、4年連続で‘ビッグ4コンサート’に参加するsg WANNA BE+がつとめた。
sg WANNA BE+は、“生きて”、“罪と罰”、“ラララ”等を披露した後、ユンゴン、イ・スヨン、Brown Eyed Girlsと共に、“光化門恋歌”、“クリスマスには祝福を”等を歌って、有終の美を飾った。

一方、今年で4回目を迎えた‘ビッグ4コンサート’は、毎年活発な活動を行った歌手4チームを選定して開かれるジョイントコンサートだ。
‘2008クリスマス ビッグ4コンサート’は、25日午後6時にも、同じ場所でもう一度開かれる。



Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2008年 12月 25日 23:59