[芸能] 韓国版「花より男子」、1月5日放送スタート



『花より男子』の韓国版が、来年初めKBS 2TVを通して姿を現す。

『花より男子』は、貧しいが明るく元気な女子高生クム・ジャンディが、金持ちばかりが通う学校に進学して、イケメン御曹司4人組の‘F4’と共に 愛と友情を構成していくトレンディードラマだ。 
去る22日午後、ソウル・ソゴン洞ロッテホテルで開かれたKBS 2TV新月火ミニシリーズ『花より男子』の制作発表会には、ドラマを引っ張る‘F4’のメンバーであるキム・ヒョンジュン、イ・ミンホ、キム・ボム、キム・ジュンと、ク・ヘソンが参加した。

キム・ヒョンジュンは、前大統領の孫であり ロマンチックな4次元美少年‘ユン・ジフ’(日本の原作では‘類’)役として、F4の中で一番先にキャスティングされ、イ・ミンホは F4のリーダーで大韓民国最高企業の後継者‘ク・ジュンピョ’(日本の原作では‘司’)役を担った。
また、『エデンの東』でソン・スンホンの幼い頃を演じて、印象深い演技を披露したキム・ボムは、芸術家の家の天才陶芸家‘ソ・イジョン’(日本の原作では‘総二郎’)役を、キム・ジュンは 新興不動産財閥の後継者‘ソン・ウビン’(日本の原作では‘あきら’)役を担った。
また ク・ヘソンは、ヒロイン‘クム・ジャンディ’役を担って、F4の4人と呼吸を合わせる。

演出をつとめるチョン・ギサンPDは、「『花より男子』は、想像以上のファンタジーを見せるハイトレンド・ロマンチックコメディードラマだ」として、「寒い中でも全スタッフと俳優たちが苦労して撮影している。 多くの期待を寄せてほしい”と明らかにした。

一方 『花より男子』は、去る1992年に発刊された漫画『花より男子』をもとに、これまで日本と台湾でドラマ放映されて 大きな人気を得ており、韓国ではKBSを通して初めてお目見えする。
初回放送は、来る1月5日 夜9時55分だ。



Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2008年 12月 24日 23:53