[芸能] 「BAD LOVE 〜愛に溺れて〜」のイ・ヨンウォン、新作決定



女優イ・ヨウォンが、MBC『善徳女王』の主人公トンマン役にキャスティングされた。

MBCは、19日「イ・ヨウォンが、創社48周年特別企画ドラマ『善徳女王』の女主人公トンマン役にキャスティングされた」と公式発表した。
イ・ヨウォンが演じる善徳女王とは、新羅第27代女王で、韓国最初の女王と記録された人物。 イ・ヨウォンは、劇中 新羅時代最高の女性を演じる‘ミシル’役のコ・ヒョンジョンと共に、ドラマを導いて行く予定だ。

演出者パク・ホンギュンPDは、「主人公のトンマンは、あらゆる試練と試験を経て王位に上がる過程を 拒否感なく演じ遂げる力量と、女性が王になるという事実に漠然とした偏見を持った視聴者たちに、トンマンというキャラクターを気楽に伝えようとする意志が必要な人物」としながら、「これまで『ファッション70‘s』、『外科医者ボンタルヒ』、『華やかな休暇』、『グァンシクの弟グァンテ』等の多様なドラマと映画で活躍して、繊細な女性的魅力とキャラクターの内面を演じてきたイ・ヨウォンが この役に適していると考えて、最終確定した」と、キャスティングの理由を明かした。

制作陣は、これから最終キャスティングを終えて、来年1月から撮影に入る予定だ。



Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate 2008年 12月 19日 23:43