アーティスト
ナモラファミリーJW
発売日
2012年08月13日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > ラップ/ヒップホップ
所属事務所

Album Review

開く

デビュー7周年を向かう「NamollaFamily JWキム・ジェウ」が、今まで自分の人気曲をプロデュースしてきたオ・セウクと最高のシンガー、テインの一緒に再びアルバムを発表した。

中・低音帯域で重みのあるボイスラッピングを持つ彼が今回発表するミニアルバムのタイトル曲は「I'm Yesterday」。恋していた昨日の記憶に埋もれてしまったある男の悲しい愛を描いた歌で、感性を刺激するバイオリンの旋律が目立つヒップホップ曲だ。また、ラップの歌詞には80,90年代愛していた恋人たちが聴いていた歌の名前が言及されているのも一つの特徴。

2番トラックの「愛してる、あの嘘のような…」は別れというこの全ての状況を否定しながら、再び戻ってきてくれるのを願う歌。ビートを生かしたヒップホップ曲である。

3番トラック「風、風、風」は、割れるようなビートにシンセサイザーのサウンドを加えた、パワフルで感性的な曲。「逢いたい」「別れました」「死にそう」などで愛されている感性マスター、D.Heavenがフィーチャリングを務めた。

4番トラック「風、風、風(Shibuya K Ver.)」は、ヒップホッププロデューサー「イージス」のメンバーであるDIESELが編曲を担当。爽やかでパワフルなサウンドで生まれ変わっている。

TOP