アーティスト
Sentimental Scenery
発売日
2012年08月06日 | 韓国
タイプ
シングル
ジャンル
K-POP > インディーミュージック
所属事務所

Album Review

開く

インディーとオーバーの境を超越し、Epitone Projectを始めCasker,ZITTEN,ハン・ヒジョン,YOZOH,Taru,才洲少年,Humming Urban Stereoなどといった様々なアーティストのアルバムを発表してきたインディーズレベル「Pastel Music」が、今年で設立10周年を迎える。

その10周年を記念するアルバムの発売を控え、6ヶ月の間毎月1つずつ公開されるデジタルシングルは、Pastel Musicが設立以来10年間発表してきた数多くの曲の中、一人のアーティストが他のミュージシャンの曲を選びリメイクして披露する形となっている。

そしてその4番目を担当するのは、なんとSentimental SceneryとTaruだった。「Miss you」、「Brand New Life」、「Bilng Bling」など様々な曲で素晴らしいチームワークをみせたこの二人だが、その中Sentimental Sceneryが選んだ曲は、Epitone Projectの「目を覚めれば」。洗練されたメロディに心苦しさが残る歌詞で切なさを表したこの曲は、オリジナルバージョンの悲しい雰囲気を守りながら、スペクタクルでビート感のあるメロディと生まれ変わっている。

一方、女性シンガソングライターTaruが選んだ曲は、新人ミュージシャンAllegrowの「Love Today」。恋を始めたばかりのカップルを連想させるすがすがしいメロディ、そしてはにかむ雰囲気の歌詞がTaruの歌声で生まれ変わる。Sentimental Sceneryも編曲を手伝っていて、序盤部から爽やかなエレクトロ・サウンドが聴き手の心を爽やかにしてくれることが望まれる。

TOP