アーティスト
TABLO
発売日
2011年11月01日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > ラップ/ヒップホップ
所属事務所
YGエンターテイメント

Album Review

開く

"パート2"は2011年の初めから最近までに完成した曲たちで満たされ、"パート1"は、繊細で感性的だったとすれば、"パート2"は、その文脈を持っていながら、さらにヒップホップ的な強烈さを披露し、希望の色を帯びもある。

BigBangのSOL(テヤン)がフィーチャリングで参加した事実が知られて話題を集めた"パート2"のタイトル曲"Tomorrow"は、"明日がない"人の物語を描いた曲で、やや悲観的だが、同時に愛する人が戻ってくるまでは、その一人のための心の場所で苦しくても守るという純愛が込められている曲だ。

弱いような感じのアコースティックピアノメロディーと強いビートが調和を成すように、タブロのクールなラップとSOL(テヤン)の情熱的なボーカルが一体となって寂しいながらもパワフルな音楽を誕生させた。
[ミュージシャンたちが語るタブロ"熱花`]
ユン・ドヒョン:タブロの音楽を再び聴けるのは涙が出ることだ。
ユン・ジョンシン:あなたの声の中、押して入れた時間と悩みが無駄ではなかったことこのアルバムを通して感じられますように。よくやった。
ペ・チョルス:たぶんタブロの音楽は、すでにHip- Hopというジャンルを超えたかも...

TOP