アーティスト
RAINBOW(レインボー)
発売日
2009年11月12日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
DSPエンターテイメント

Album Review

開く

RAINBOW(レインボー) “立派な基本技”の新人ガールズグループ 4年以上のトレーニングをわたり、“立派な基本技”と“徹底的な準備”がもとになって生まれた新人ガールズグループRAINBOW。ジェギョン(20)、スンア(21)、ウリ(21)、ノウル(20)、ユネ(19)、ジスク(19)、ひょニョン(18)で組になった彼女たちはデビューを前にしてチーム名を悩み中、7人のそれぞれの魅力を表現するに適当でファンたちが作ってくれた意味ある名でRAINBOW(レインボー)だとチーム名を決めたそうだ。全部5曲が収録されたRAINBOWの初ミニアルバムのタイトル曲[Gossip Girl]は作曲家ホ・ユンウォンの曲で、[Gossip Girl]は単語が持っている既存の否定的なイメージよりいつも立派でおしゃれな女性の姿を肯定的に表現した曲としてRAINBOWのイメージとよく似合う明るくてSTYLISHなSYNTH POPである。 この曲がなるかぎりFRESHなイメージとSTYLISHなイメージにスポットを当てて、歌詞の単語一つ一つに女性たちが好むものを表現しに注力した。

TOP