アーティスト
SHINee
発売日
2009年05月18日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
SMエンターテイメント

Album Review

開く

SHINeeは2008年5月にデビュー、初ミニアルバムのタイトル曲‘お姉さんはとても綺麗’、レギュレ1集の曲‘酸素のような君’、‘ア.ミ.ゴ’などを相次ぎヒットさせながら年末の各種レコード大賞で新人賞を席巻するほどシンドロームをおこした主人公たち。今回に見せる2番目のミニアルバム’ロミオ’は前の‘The SHINee World’の以後約9ヶ月ぶりに発表するレコードで、SHINeeならではの洗練で完成度高い音楽を収録、2009年のK-POP界をヒットする‘ロミオ’ブームを予告している。タイトル曲‘ジュリエット’は洗練なリズムとアコースティックのドラム・サウンドがSHINeeのボーカルと調和になるトレンディーなアーバンダンス曲である。特にSHINeeがコンテンポラリーバンドというタイトルらしく音楽とダンス、ファッションを大ヒットさせて次世代のファッション・アイコンとして注目されるチームなので、今回の活動で見せるSHINeeのパフォーマンスとファッションも話題になって注目された。

TOP