アーティスト
RAIN
発売日
2006年10月13日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
JYPエンターテイメント

Album Review

開く

だれよりもビの意見がたくさん反映された今回の4集は、そのビジュアルから独特。14曲構成のアルバムには既存のアルバムとは違い、華麗なFeaturingゲストが目に立つ。ヒップホップ界のゴッドファザーだと呼ばれるTiger JKを始め、悪童Epik Highのタブロ、楽しいヒップホップのフロントランナーDynamic Duo、多数のFeaturingをやってから最近ソロアルバムを発表したてワン、そして家族だと言っても不思議ではないイム・ジョンヒまで。ビが自分からファンだと言いながら共同作業を望んでいたほど、ぬきんでた実力を持っている彼らの手伝いでまたマスタピースが誕生。4集のタイトル曲'I’m coming'は'It’s raining'以降にビの音楽的な変身を期待していたファンたちを十分に満足させた曲である。アメリカでプロデューサーとしての能力を発揮しているバク・ジンヨンの曲で、繰り返すエレクトロニック・サウンドとヒップホップ・リズムの結合が一層アップグレードしたビの歌声と調和になって、タブロ(Epick High)のラップFeaturingでヒップホップの感じをのせた。

TOP