アーティスト
ユンナ
発売日
2005年10月05日 | 日本
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > ポップ
所属事務所

Album Review

開く

‘オリコンのほうき星’ユンナアルバム韓国でいよいよリリース!日本デビュー10ヶ月ぶりの2005年6月発売された2集シングル‘ほうき星’が世界的に認められるオリコンチャート12位になり、‘オリコンのほうき星’というタイトルを得た。以後4番目のシングル[タッチ]でオリコンチャートに11位で再登場、一発屋ではないことを証明した。そして初アルバムだった[Go!Younha]が初日オリコン10位に進入、日本音楽界のブルー・チップで位置づけた。自分が作詞・作曲したシングルを発売、シンガーソングライターとしての活躍もした彼女がこれから母国の韓国で飛び出した。アニメーション[BLEACH]エンディング曲’ほうき星’などの全13曲を公開、感性的でパワフルなボーカルにあわせたピアノロックの新鮮な調和 ‘ほうき星’は日本の人気アニメーション[BLEACH]3番目のエンディングタイトル曲で、ピアノ演奏とパワフルなボーカルが魅力的な曲である。‘思い出にできない’は少女の成長期を描いた短編映画 [天使が降りた日]のエンディング曲で、ユンナが映画の主役で出演して話題になった曲である。 フォークロックの感性が感じられるドラマ東京湾景の挿入曲[ゆびきり]、パワフルなサウンドと軽いリズムが魅力的な映画タッチ挿入曲[タッチ]、感受性が目に立つ[碧い檸檬]などの曲でユンナの魅力に落ちれる。全13曲の中で9曲が日本のTV番組、ゲーム、映画などの主題歌で選ばれた曲で大衆に愛された曲たちで構成されている。

TOP