アーティスト
ホ・ヨンセン
発売日
2012年05月22日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > R&B/アーバン
所属事務所

Album Review

開く

2011年5月、初のミニ・アルバム「Let It Go」を発表、SS501のリード・ボーカルではないソロ歌手として新たな才能を発揮しているホ・ヨンセン!

別れに涙し、愛には弱い男として、ホ・ヨンセンが1年ぶりに歌謡界に戻ってくる!

2枚目ミニ・アルバム「SOLO」は、ミュージシャンとしてアーティストとして自分色を見つけていくホ・ヨンセンの成長過程をそのまま描いたアルバムだ。

合わせて5曲が収録されているアルバム「SOLO」のタイトル曲「Crying」は、SS501の「Love like this」や「Love ya」などを作曲、また彼のソロ1集アルバムの「Out the club」や「Rainy Heart」などの曲でホ・ヨンセンと呼吸を合わせた作曲家Stevenの曲で、ホ・ヨンセン本人が直接作詞した。

ミディアム・ポップR&B曲で、軽快なR&BビートやUrban Melodyがホ・ヨンセンの声と相まって独特の魅力を演出している。

ソロ活動以来はじめての試みであるミディアムR&Bジャンルの曲で、今後の彼の音楽的方向を楽しみにさせる曲だ。

このほか、多様なジャンルの曲が収録、観客と共に楽しめるホ・ヨンセンのボーカル色がよく現れているアルバム「SOLO」だ。


  • Crying

    ホ・ヨンセン / SOLO

  • Crying (Inst.)

    ホ・ヨンセン / SOLO

  • Hello Mello (Only Love)

    ホ・ヨンセン / SOLO

  • Intimidated

    ホ・ヨンセン / SOLO

  • Maria(涙の樹)

    ホ・ヨンセン / SOLO

TOP