アーティスト
Chae Hwan
発売日
2012年05月08日 | 韓国
タイプ
デジタルシングル
ジャンル
K-POP > フォーク
所属事務所

Album Review

開く

キム・グァンソクの甦り?!
Voice Koreaの話題の参加者イ・ホンスンの初のデジタル・シングル!

2011年から2012年にかけ、韓国歌謡界に最も話題になったものは、なんと言ってもオーディション番組であろう。
その中で、Voice Koreaは参加者たちの驚きの歌唱力と裏話からの感動で相当な人気を得た。

Voice Koreaの参加者イ・ホンスンは、惜しくも脱落する。しかし、彼の脱落はむしろ大きな話題となる。

審査員のシン・スンフンも、”普段の話すときの声と、歌い声が同じ!”と彼の声を褒めた。

単なるモノマネではなく、生まれながらキム・グァンソクと同じ声帯をしていると賛辞を受けているイ・ホンスン。

脱落してからも、Voice Korea関連検索語1位を記録するなど、大衆は彼を忘れないでいた。

ファンBlogが立ち、彼の小劇場公演を楽しみにするファンが増え、ファン・ミーティングなどを通してファンとつながりを持つなど、イ・ホンスンは輝きを増している。

故人となったキム・グァンソクだが、多くの人々の心の中に彼の声は生き続けている。

そして、キム・グァンソクを懐かしむ多くの人々がいる。

モノマネではない、キム・グァンソクと声帯が一致するイ・ホンスンに、熱狂することは当然なのかもしれない。








  • お父さんのマッコリ(Acoustic Guitar Ver.)

    Chae Hwan / お父さんのマッコリ(Original Ver.)

  • お父さんのマッコリ(Original Ver.)

    Chae Hwan / お父さんのマッコリ(Original Ver.)

TOP