アーティスト
TROUBLE MAKER
発売日
2011年12月01日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
CUBEエンターテイメント

Album Review

開く

いけないとすればするほど私たちは、より薄く!実際Trouble Makerたちの反乱が始まる。
ビーストチャンヒョンスン(JS)、ポミニッヒョンアの特急プロジェクト"Trouble Maker"

誰も想像できなかったスペシャルジョイントが誕生した。世界中のK - POPファンに新鮮な衝撃に近付くが、プロジェクトの主人公はビーストのチャンヒョンスン(JS)とポミニッのヒョンア。誰もが最初の手挙げる生まれつきチュムクンイン二人の組み合わせは、今まで経験していない"ハイエンドパフォーマンス"を期待するようにするのに十分です。

善良で正しいのは、明らかなことはしないという二人の鋭い意志は、所属チームビースト、ミニッツ時と別の何かを示すことに集中した。関係者さえ、どんな結果が出るかを疑問視し、これらの挑発的な実験は、彼らの能力を極大化させた。チャンヒョンスン(JS)特有の独特の音色と、世間の注目をひきつけるヒョナの魅力が調和した素晴らしい組み合わせは、まさに誰も想像できなかったのだ。特に二人が見せてくれる洗練された質の高いショーは定型化されたアイドルのスタイルの枠をすっきりと否定するだけである。

これらのスーパープロジェクト"Trouble Maker"は、チムミョンイン同時に、アルバムのタイトル曲の題名で、イントロの口笛が忘れられない印象を投げる。ビーストとポミニッのプロデューサーで、二人を最もよく知るシンサドンホレンが、もが作り出した最高のメロディにはファンキーなリズム、エレクトロニックサウンドと絶妙に調和して、聴いた瞬間の両方を踊るようにする。断然K - POP最高のグルーブをプレゼントする。 Trouble Makerは、タイトル曲"Trouble Maker"以外にも"聞きたくない言葉"で期待以上の叙情的なバラードを完成させた。アコースティックギターとリズム感のあるドラムが深く調和したこの曲は、ビーストのメガヒット曲"雨の日には、"以上の感動で大衆を驚かせる。

加えてこのアルバムには、2人のコラボレーションだけでなく、チャンヒョンスン(JS)、ヒョナそれぞれのソロ曲"平気じゃないの"と"Time(Feat.でも)"が含まれてファンの大きい呼応が期待される。特にビーストのボーカリストとしての感覚的なボイスカラーを認められてきたチャンヒョンスン(JS)の"平気じゃないの"は、彼の初ソロ曲で大衆に彼だけの魅力を披露する。退屈で明らかなことだらけの世の中を変えることは、常に"問題児(Trouble Maker)"のモクイムウル実際Trouble Makerたちが見せてくれるのだ。 K - POPの"問題的"アルバムとして記録される特急プロジェクトが来る。

  • Are You OK?

    チャン・ヒョンスン / トラブルメーカー

  • The Words I Don't Want To Hear

    TROUBLE MAKER / トラブルメーカー

  • Time (Feat. Rado)

    ヒョナ / トラブルメーカー

  • Trouble Maker

    TROUBLE MAKER / トラブルメーカー

TOP