アーティスト
チョ・ドンヒ
発売日
2011年11月02日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > インディーミュージック
所属事務所

Album Review

開く

無関心なようで暖かく、都市の灰色の孤独を撫でるタイトル曲の"ハト"は、敬虔なピアノと一緒にありふれているが忘れられた鳥"ハト"通して、"私の中の私"を見ることができない、疲れた私たちの肖像を振り返らせる。彼女の楽観的な視線が込められた歌詞にチョ・ドンイクが書いた曲"幸せな旅行者"は、力強く疾走するハム・チュンホのギターと一緒に世界を旅する自由を満喫しているような感じ。

ゴ・チャンヨンの洗練された編曲が引き立って見える"蝶々の帰郷"では、新しい世界への飛翔ではなく、"暖かい家"への帰還の対する懐かしさを、"それが私です"では、意図的に音程をねじったアナログピアノ一台と削り出すな過酷なノイズで聞く人を小部屋に招待して、固体の中の深い暖かさで言葉なしに私達の肩を撫でてくれる。
パク・ヨンジュンとの音楽的相性を最もよく示しているトラックの"若い魚"は、まるで彼女自らの幼年を反芻しているよう、メロディーの間に彼女の息遣いさえも五線紙に描くことができない記憶を歌う。そして、その幼い魚がどのように夢を見て泳いできたかを告白すること - おそらく、この一枚のアルバムに盛られているすべての物語である。

  • 冷たい月

    チョ・ドンヒ / ハト

  • 幼い魚

    チョ・ドンヒ / ハト

  • 蝶の帰郷

    チョ・ドンヒ / ハト

  • 幸せな旅行者

    チョ・ドンヒ / ハト

  • あなた

    チョ・ドンヒ / ハト

  • それが私です

    チョ・ドンヒ / ハト

  • ハト

    チョ・ドンヒ / ハト

  • ひとり

    チョ・ドンヒ / ハト

TOP