アーティスト
ペク・スンホン
発売日
2012年11月02日 | 韓国
タイプ
シングル
ジャンル
K-POP > R&B/アーバン
所属事務所

Album Review

開く

ペク・スンホンの初シングルのタイトル曲「陽が昇るまで」はホ・ガクの「死にたいという言葉しか」を作った新人作曲家「ボミ、ナンイ」コンビの作品である。ミディアム・テンポのドラムビートにR&Bサウンドを加えた曲で、強烈なビートや独特な歌詞が一般的になった今、逆に新鮮なイメージを与えてくれる。
「陽が昇るまで」は恋に落ちたある男のときめく気持ちを素直に表現した曲で、「陽が昇るまで僕のそばにいてくれ」というメッセージで素直な気持ちを伝え、誰もが共感できる恋愛感情がベル、ブラスなどの楽器や甘い声で完成された。