アーティスト
Various Artists
発売日
2012年08月11日 | 韓国
タイプ
コンピレーション
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所

Album Review

開く

Ailee - 一夜の夢
1992年に発表されたイ・サンウ第3集のタイトル曲。キム・ヒョンシクの「僕の愛、僕のそばに」やPinocchioの「恋と友情の間」を作曲したオ・テホの作品。
Aileeは、魅力的なボーカルを誇りながら切ないステージを披露した。

ソンギュ - ダムダディ
1988年に開かれたMBC「川辺歌謡祭」で大賞を受賞し、歌謡業界で「ダムダディ」の烈風を巻き起こしたシンガーソングライター、イ・サンウンのデビュー曲。
INFINITEのソンギュは歌唱力は勿論、可愛らしさたっぷりの爽やかな雰囲気で「ダムダディ」をリバイバルさせた。

Sonya - 悲しい絵のような恋
1988年、当時大学2年生だったイ・サンウがMBC「川辺歌謡祭」に出演し、金賞を受賞した曲。美しい歌詞が目立つ切ないバラードであり、Sonyaは豊かな声量で後半部の高音まで歌いこなし、感動の舞台を披露した。

イ・ヒョン - いつかは
1993年、アメリカに滞在していたイ・サンウンが帰国して発売した第5集アルバムのタイトル曲。イ・サンウン本人が作詞と作曲を手掛けた曲で、若者の賛歌として今までも後輩アーティストだけでなくファンたちにも愛される歌である。
爆発的な歌唱力を見せてくれたイ・ヒョンは、感動的なメロディを生かして心に訴えるステージを見せた。

K.Will - 愛したい
軽快なリズムと歌いやすい歌詞が特徴のこの曲は、1989年に発表されたイ・サンウン第2集のタイトル曲。エキサイトな雰囲気が原曲に交わり華麗な曲となり、ミュージカルのようなステージが堪能できた。

ULALA SESSION - 悲愴
1998年に放送されたSBSのドラマ「結婚」のサウンドトラック曲で、ドラマが終わってからさらなる人気を誇ったイ・サンウの代表的なバラード曲。
ULALA SESSIONはメンバーたちもこの曲を愛唱しているといい、感受性を刺激する切ないステージを見せながら、彼らならではのバラードで完成させた。

リョウク - 彼女に会うまであと100m
「イ・サンウ」を代表する最高の曲。1991年にはKBSの「歌謡トップ10」で1位を受賞、そして同年「今年の歌手賞」を受賞するなど大人気を誇った。SUPER JUNIORのリョウクは、アイデア満点の如才ないパフォーマンスで観客の呼応を呼び起こした。