アーティスト
Evening Glow
発売日
2012年07月26日 | 韓国
タイプ
ミニアルバム
ジャンル
K-POP > ロック
所属事務所

Album Review

開く

新しい男女混成バンド「Evening Glow(夕焼け)」が発表する初のアルバム「Another Way」は、合わせて5曲で構成されたミニアルバム。
曲それぞれに固有のストーリーを含みながら、アーコスティックとエレクトロニックが調和されるなど、形式に拘束されない新鮮かつ深みのある曲たちが収録される。

1番目トラックの「夢のために」は、どんな時であれ夢と希望は諦めてはならないというポジティブなエネルギーを伝える曲。モダンロックとしてのダイナミックな構成と爽やかさが味わえる。
2番目「春が来るよ」は、渋谷系音楽を思わせるスイートな雰囲気が味わえる曲。アーコスティック音とエレクトロニック音がうまく調和され、心に動機をつけることの大事さを歌っている。
3番目「On&On(副題 : Evening Glow)」は、渋谷系及びシンセポップをモーティブとした夢幻的な雰囲気の曲。このアルバムのタイトル曲でもあり、少しだけでも人目を意識せず一人だけで自由になりたいという意味を含めている。
シンプルなサウンド、そしてモノローグみたいなボーカルが特徴の4番トラック「一人でも大丈夫」は、一人で過ごすことの多い若者たちの寂しさをポジティブな観点から解釈し、ミディアムなテンポのヒップホップ曲として歌ったもの。
さらに最後トラックの「夢のために」では、多少アンティークなサウンドが感性溢れるボーカルと交わり、70年代当時発表されたキム・インスンの名曲「女子高校の卒業クラス」を連想させる。