アーティスト
パク・ジユン
発売日
2012年02月16日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > バラード
所属事務所

Album Review

開く

パク・ジユンのレギュラー8集アルバム「樹になる夢」
パク・ジユンの8集アルバム「樹になる夢」は、2009年7集の「花、再び最初目」アルバム以後2年10ヶ月ぶりに発表するレギュラーアルバムだ。
「樹になる夢」は、パク・ジユン自身が直接プロデュースしたアルバムで、一人の人間として、そしてアーティストとしての彼女の変化と成長がすぐに確かめられる。
パク・ジユンはこのアルバムで樹になることが夢と言っている。成長したいという意味なのか、花より長く咲いていたいという意味なのか・・・
しかし、このアルバムを聴けば、その答えが分かる。樹が与えてくれる休息のような癒し、そして自分の悲しみを黙々と聞いてくれる分かってくれるたった一人の人という共感。
7集では彼女自身の痛みを語っていたとすれば、8集のパク・ジユンはあなたの痛みを聞こうと耳をかたむけ話しかける。
1年咲きの華麗なお花のようだったパク・ジユンは、実は黙々と成長して大きな樹になる夢をみていた。