アーティスト
Bimilier
発売日
2012年01月17日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > ポップロック
所属事務所

Album Review

開く

BIMILIE(ビミリエ)の初レギュラーアルバム「Bimilie」

バンドBIMILIE(ビミリエ)の始まりはボーカルとソング・ライティングを担当しているヘリョンが2009年自分の家で習作を作り出したところから。
大学卒業後専攻とは全く関係のない音楽に興味を持ち、趣味でバンドを転々として、自分の音楽がしたいと思い、以前しばらくバンドで一緒になったドラムのジョン・ギョンヨンと曲を書き始める。
知人の知人たちで組んだ今のメンバーたちと、2011年3月から正式なバンドとして曲を完成、7月にはEPやデジタル・シングルの発売もなく、大胆にレギュラーアルバム作りに着手!!

新しいけど新しくなく、どこかユニークだけど馴染みのあるBIMILIE(ビミリエ)の音楽。

新人な上に、レコーディング経験すらないBIMILIE(ビミリエ)のもう一つの挑戦!
それは、ボーカルヘリョンが直接プロデゥース、サウンド・アドバイザーすらなしに、ひたすら自分たちだけで、自分だけのサウンドを作り上げたということ!!

日常で感じられるいろいろな感情を多様な形で見せてくれる BIMILIE(ビミリエ)のアルバム。多様なジャンルが混在するアルバムだけど、各メンバーたちの個性が調和を成していて、明白に一貫性を持っている。

ドラムのジョン・ギョンヨン以外のほかのメンバーたちはバンド経験すらないが、自分色を生かしてレこーデングを無難に消化したと・・・
そんなBIMILIE(ビミリエ)の1集「Bimilie」はジャケット・デザインから セルフ・プロデゥーシングまで、全てを自分たちでこなした。

ものすごい底力を持っているのかもしれない、大胆な新人たちの今後が楽しみだ。