アーティスト
The Film
発売日
2012年01月13日 | 韓国
タイプ
シングル
ジャンル
K-POP > バラード
所属事務所

Album Review

開く

心の奥まで冷たい風がヒューヒュー、こんな1月、ザ・フィルムからの暖かい便りが届きました。
代わりにアルバム紹介を書いてくれたザ・フィルム。
以下は彼らからのメッセージです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この曲を始めて書こうとしたのは3年前です。 最初は演奏曲に書き出しました。 けれど、曲を書いたら自然と歌詞が浮かんできて、書き足しました。
言いたいことがあまりにもたくさんで、メロディだけで表現するには足りない気がしたんだと思います。
当時、歌が出来上がってから、いつか自分で歌おうと、何回も何回も数十回書き直しました。やがて2ヶ月前の昨年の11月、冬の変わり目に歌詞を完成、基本の楽器の録音まで済ませました。
そして、長い間苦しい時間がありました。歌詞にも登場しますが、町の明かりがつくのが早くなって、遅くなるまで、長くなった夜がまた短くなるまで、私はかなり苦しみました。
そういうわけで結局年が明け、録音を終えることができました。

このようなつまらない話が曲を紹介する資料にも、曲の紹介にもなるとは思いませんが、それにもかかわらずこのような形で言葉をのせるのは、言葉では現せない真心がこの音楽の中に入っているということを
言いたかったからです。普段の自分とは違うけど、このように少々書くことになりました。

最後に、この歌は長い間苦しみ、痛く、病んできたある人のスカーレット・レターのような、そんな歌です。

2012年1月11日 ノンヒョン洞 録音室にて
ザ・フィルム