アーティスト
イ・ヨンフン
発売日
2012年01月10日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > フォーク
所属事務所

Album Review

開く

シンガ・ソング・ライター イ・ヨンフンのデビューアルバム「私が歌う絵」

イ・ヨンフンはシンガ・ソング・ライターだけに、彼の音楽にもイ・ヨンフンが感じられる。
音楽のルーツをそれを作った人から探してしまうし、シンガ・ソング・ライターのように、その音楽を作ったひとが直接分かると、より音楽からその人自身を探そうとしてしまう。
彼特有の寡黙な顔、澄んだ顔して急に細かいところに気がつきいろいろと話しかけてきたり、サッカーの話で寡黙な彼が盛り上がったり、古い自転車に乗って家に帰る彼の背中など・・・
言葉で、歌詞の中に表現してはいないけど、なんとなく彼を感じられる。
ゆっくりと、ゆったりと演奏するところ、そのテンポと呼吸がなんとなく彼自身に似ている。
世の中のテンポではない自分らしいテンポと言えるだろうか。
彼の音楽を聴いていると今やここを忘れ彼が作り上げたもう一つの時間や空間を経験できる。懐かしい、やさしい、絵を見ているときの絵の中での音のような不思議な時間、空間。
1枚の水彩画を聴いてみよう。