アーティスト
Various Artists
発売日
2011年12月11日 | 韓国
タイプ
コンピレーション
ジャンル
K-POP > ロック
所属事務所

Album Review

開く

今回の競演のテーマは、当時大韓民国の最高のファンク・ロック・グループで、センセーションを巻き起こした伝説のバンド「サヌリム」のスペシャル!!
デビュー35周年のサヌリムの名曲たを「私は歌手だ」のメンバー歌手たちはどのように再誕生させたのか楽しみだ。

インスニは「青春(キム・チャンワン作詞、作曲)」を歌った。サヌリム7集アルバム収録曲だ。50代半ばのインスニだが、「今現在が、私の人生の中で最高の青春時代です」という彼女。そんな彼女が歌った青春は最高に違いない。

ロッカーキム・ギョンホが歌った曲は「茶碗(キム・チャンワン作詞、作曲)」。原曲は1979年の男性3人組グループであるノゴジリの2集収録曲で、大スターのチョ・ヨンピルもリメイクして歌ったこともある曲。

紫雨林は、1978年発表のサヌリム2集アルバム収録曲の「我が心に絨毯を敷き」を歌った。

ユン・ミンスは「私、どうしよう」と、バビキムはサヌリム8集アルバム収録曲の感性バラード曲「回想」を歌った。

赤雨は1978年キム・ワンソンの2集収録曲の「独り庭の前で」を特有のハスキーボイスで歌った。

コミは「やんちゃな子」を歌ったが、この曲は30年前サヌリムが子供たちのために作った曲だという。