アーティスト
BIGBANG(ビッグバン)
発売日
2011年04月08日 | 韓国
タイプ
スペシャル・エディション
ジャンル
K-POP > ラップ/ヒップホップ
所属事務所
YGエンターテイメント

Album Review

開く

前1年間の足跡ともっと広くなった音楽的なスペクトルを目撃した瞬間、 BIGBANG [Special Edition] BIGBANGは単純に与えられた歌を歌う受動的なアイドルから一歩進み、ヒップホップ、R&B、エレクトロニカなどの各ジャンルについて理解度が高く、グループ内で作詞、作曲、プロデューシングが解決できる能力を持って`進化してアイドル`として可能性を証明した。ちなみに2006年デビューした以来グループのアルバムとシングルはもちろん、メンバーたちのソロ・アルバムまで彼らが出した多い量の結果物はBIGBANGがどんなにまじめで音楽に忠実したグループかを明らかに見せる。今回に発売した`Special Edition` アルバムは先1年間BIGBANGが発表した代表曲(ソロ含め)を集めたもので、音楽変化の過程をそのまま込めた作品でと言える。