アーティスト
SS501
発売日
2008年03月13日 | 韓国
タイプ
シングル
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
DSPエンターテイメント

Album Review

開く

2008年3月6~9日、日本ファンたちとグァムに3泊4日でファンミーティングを進行中であったSS501は9日に帰国した後、13日MnetのMカウントでウンを通じてシングル[デジャビュ]で復帰Sた。約1年間の日本活動で韓国の活動を中断していたSS501は2008年の日本ゴールデン・ディスク大賞で“ザ・ベスト10 ニューアーティスト賞(the best10 new artist)“を受賞の栄誉をになって、日本活動を華麗に仕上げた。今回のアルバムのタイトル曲[デジャビュ]は作曲家キム・テヒョンの曲でUnlockとFighterに続いてSS501の男性的なイメージの系譜を継ぐ曲だと言える。特にR&B、Brit POPのホーカル的感性をSS501だけの色で一層アップグレードしたボーカルを聞かせたヒョンジュン、強いメロディーラインを繊細な感性で表現したヨンセン、今までのボーカルでは感じられなかった完成されたパワーを見せてくれるキュジョン、ユニークな歌色の変化とラッピング実力を見せるジョンミン、最初に挑戦するきき問う祈禱文を口ずさむようなラップ・スタイルのBuddhaラップをリーダーヒョンジュンを通じて会える。長かった空白期のほど待ってくれたファンたちに恩返しするため、いろんなジャンルの音楽を多様に収録したSS501の3番目のシングル。もう一度、最高のところで生まれ変わるように彼らの活発な活動が続くのを期待してみる。