アーティスト
SS501
発売日
2006年11月10日 | 韓国
タイプ
正式
ジャンル
K-POP > ダンス
所属事務所
DSPエンターテイメント

Album Review

開く

2005年、2枚のシングルを発売してアイドルスターとして躍り出たSS501が初レギュラアルバムを持って復帰の秒読みに入った。2006年3月に公式的にシングル活動を終えた後、ファンたちに恩返しするために夏休みを迎い3つの都市ツアー単独コンサートを開催したり、9月にはアジアに活動領域を広げて大阪で単独コンサートが性郷里に終わったことも。彼らは休憩期を利用して各地域のファンたちを伺い、そのありがたい気持ちに応える意味で新人でもかかわらずツアー公演を計画したが、大勢の観客たちが来てくれて一緒に楽しめるパフォーマンスを準備したSS501だけの公演を作り上げるのに成功。もう彼らはもっと高いところに向かって一歩ずつ進める準備をしている。アルバムに対していつもより愛着を感じて一つ一つ準備したらしい。今回のアルバムは韓国の有ああ名作曲家とセッションたちが参加したほどに成熟さを表現するために最大にリアル・サウンドを生かした曲たちに注目にあたいする。SS501 S.T 01 NOW というアルバムのタイトルは SS501の‘S′と彼らのファンクラブ Triple Sの′T′SS501とトリプルSが今回の1集を通じてこれから永遠に一つになるのを意味して、SS501という名に似合うメンバー一人一人になって無限挑戦に立ち向かう彼らの活躍を期待してみる。