アーティスト特集

CNBLUE IS BACK !!!

CNBLUE IS BACK !!!
CNBLUE 3rd MINI ALBUM EAR FUN
CNBLUEならではのユニークな感性とともに、より大人に、よりセクシーになって帰ってきた4人。
3rdミニ・アルバムをリリースしたCNBLUE。タイトルの「EAR FUN」の通り、モダンロックをCNBLUEならではの感性豊かなユニークな彩りで構築している。タイトル・トラックの「Hey You」を始め「Still In Love」「Dreamboy」「Rock'n Roll」「Run」「In My Head」の全6曲を収録。 今回のアルバムは様々な「ロックンロール」や「ポップロック」をベースとしたユニークな色彩によりモダンなスタイルのロックを特徴としている。特にジョン・ヨンファの楽曲「In My Head」は自らにより韓国語に訳され、まったく新しいスタイルの「In My Head」に生れ変り聴くものを楽しませてくれる。その他の楽曲でもCNBLUEならではのエモーショナルになれる楽曲を聴かせてくれる。一年という長い年月をかけて戻ってきたCNBLUE、大きな変化を纏って戻ってきたことが確認できる。
관련 곡

1 Hey You

今回のミニ・アルバムのタイトル曲でもある「Hey You」は、CNBLUEによるモダン・ロックとシャッフルを掛け合わせた新しいジャンルの音楽である。楽曲は典型的なCNBLUEの音楽にジャズのリズムを取り入れたサウンドだ。軽快なテンポと明るいメロディー、失った恋を求める歌詞は聴く者の心情を揺さらずにはいられない。
관련 곡

2 Still In Love

アコースティック・スタイルのモダン・ロックなこの楽曲のイントロのメロディーは、優しいエレクトロニック・ピアノの伴奏をともなうソフトなヴォーカルに始まり、ギターとピアノによる強力なサビへと転換。
관련 곡

3 Dream boy / CNBLUE - EAR FUN

ゆっくりとしたイントロに始まるこの曲、次第に早くなるテンポにはヒネリがある。
楽しい記憶を辿るとき、夢見ることはすべて実現出来るという「期待と勇気づけ」のメッセージが込められている。
관련 곡

4 Rock n' Roll

楽しそうなサウンドとラップの様なメロディーにより新しいCNBLUEを感じさせるこの楽曲は、過去の曲と比べても飛びぬけている。ジョン・ヨンファのヴォーカルとバンドが一体となりこれまでにない「Rock and Roll」を築いている。
관련 곡

5 Run

つまらない日常や行き詰った人生から勇気を持って脱出しよう。楽しい歌詞とメロディーによるこの楽曲はきっとあなたに新しいエネルギーを与えてくれる。「自分が自分の主人公」と大声で叫ぼう、そして「狂ったように走り出そう」
관련 곡

6 In My Head

日本でのリリースがオリコン1位を記録。ジョン・ヨンファが韓国のファンに向けて自ら翻訳、このミニ・アルバムの最後の曲として収録。CNBLUEのユニークな「In My Head」を楽しもう。

See All Albums

[ Mnet Special ] - CNBLUE Greetings

[ Photo ] CNBLUE

今回の3rdミニ・アルバムを1行で紹介してください。

[ヨンファ] 今回のミニ・アルバムは「EAR FUN」。この音楽が「EAR FUN」のもとです。
[ジョンヒョン] RUN!! 自分たちが聴いていても飛び上がれる楽曲ばっかりさ。
[ミンヒョク] 3rdミニ・アルバム!! 「EAR FUN」もう聴いた?まだなら、今すぐ聴いて!!
[ジョンシン] このアルバムはEAR FUNでEYE FUN。みんな共感してくれた?www




インタビュー

Q. こんにちは、初めまして。mnet.com会員に挨拶は?
やあ、mnet.com会員のみんな、会えてうれしいよ。3rdミニ・アルバム「EAR FUN」とともに戻ってきました。
Q. 一年ぶりですね、何をやってたのですか?
昨年、韓国の「BLUE STORM」コンサートに出演した後、「BLUE STORM」のアジア・ツアーでタイ、香港、台湾に行ってきました。3月にはFTISLANDとともにLAで開催された「STAND UP」に出演しました。
Q. アルバム「EAR FUN」を紹介してください。
この3rdミニ・アルバムはCNBLUEならではの典型的なモダン・ロックの楽曲を多く収録していて「EAR FUN」のタイトル通りとても楽しめるアルバムです。タイトル・トラックの「Hey You」を始め「Still In Love」「Dream boy」「Rock n' Roll」「Run」「In My Head」の6曲を収録しました。自分たち独自のモダン・ロック・ベースの音楽をロックンロールやポップロックを通じて表現しようとしてみました。
Q. ジョン・ヨンファさんが作曲した「In My Head」について教えてください。
この曲により日本でオリコン1位になりました。ヨンファが韓国語に訳したことでとても魅力的な楽曲になりました。
Q. 最近、バンドの結成地でもあるロスでFTISLANDとともにジョイント・コンサートを行いましたね。どうでした?
これはアジア以外の海外で行った初めてのコンサートではありませんが、CNBLUEとFTISLANDの単独では初めての海外公演でした。これにはとても興奮もしたし、実際に楽しみました。ファンの反応を含め当日の感動はいまでも忘れることが出来ません。
Q. オには圧倒されました。なにか面白いエピソードはありませんか?
ビデオを見て頂けるとわかると思いますが、今回多くの外国人のモデルを使いました。ほとんどが韓国での交換留学生だったため、韓国語の問題はありませんでした。ただ、彼らは僕らのことが誰なのか知らず、ビデオのために召集されたただのモデルだと思っていたんだ。もっと頑張って知名度を上げなきゃって思ったね。
Q. 2012年の計画と目的を教えてください。
1年ぶりに韓国に帰ってきたこともあり、今回のニュー・アルバムのプロモーションには力を入れたいと思います。みんなからの愛に応えられるように、音楽にもパフォーマンスにも頑張りたいです。そういえば、ミンヒョクとジョンヒョンはドラマにも挑戦して、演技にとても頑張っていたのでそれもぜひ気にかけてあげてください。
Q. mnet.com会員に向けて最後に一言
mnet.com会員のみんな!CNBLUEとして、ようやく最新アルバムがリリースできました。ぜひ3rdミニ・アルバムの「EAR FUN」とタイトル・トラックの「Hey You」を愛聴してください。ありがとうございます!